歯肉の炎症・歯周病でお困りの方はぜひ一度ご相談ください。



歯肉の炎症・歯周病治療専門ガイド

問い合わせ先

歯磨きの時、血が混じることはありませんか?
それは歯肉に炎症が起きる「歯肉炎」の症状です。
歯肉炎は、放っておくと全身の病気を引き起こす恐れがあることがわかってきています。手遅れになる前に、一度相談しましょう。

無料メール相談無料メール相談


トップページ > 歯が抜けた場合の治療法~義歯・入れ歯~

▲下線部をクリックすると、その項目までジャンプします

歯が抜けた場合の治療法~義歯・入れ歯~

インプラント治療が不可能と診断された方(重度の糖尿病患者、血友病等の血液疾患の方等)や、手術が苦手という方には、義歯・入れ歯にて抜けた歯を補います。

保険適用と自費(保険適用外)の違い

義歯・入れ歯には、保険が適用になるものとそうでないものがあります。
以下の比較表を参考にしてください。

 

保険適用

自費(保険適用外)

人工歯の色・形の種類

少ない

バリエーションが豊富で、天然歯に近い形状を実現できる

床の種類

少ない
多い

装着時の感覚

違和感を感じる場合がある 違和感がほとんどない

強度

少し劣る 優れている

かみ心地

食事によっては食べにくい物がある

より良くかめる

自費の入れ歯は、保険の入れ歯の3倍から5倍の製作時間がかかります。この違いからもわかるように、自費負担の入れ歯は製作過程によって高い精度が得られています。
また、自費負担の入れ歯は、素材や使用する器具にも精度の高いものを使用しています。そのため、保険適用の入れ歯より、ずっと身体に合った装着感を得られるものができあがるのです。

自費(保険適用外)義歯・入れ歯の紹介

総入れ歯(コバルト・貴金属製)

総入れ歯(コバルト・貴金属製)

一般的な入れ歯に比べて3分の1の薄さでできています。
そのため、食べ物の温度が伝わりやすく、天然歯に近い感覚で食事を楽しむことができます。

部分入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

部分入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

バネのない部分入れ歯です。
バネがないため、見た目がすっきりするだけでなく、噛んだ時の痛みも軽減されます。

▲ このページの先頭へ

より快適なかみ心地を求める方には、インプラント治療をおすすめしています。

歯が抜けた場合の治療法~インプラント~ページへ


LinkIcon大塚駅前歯科ホームページ

LinkIcon東京抜かない矯正歯科研究所

LinkIcon受け口&しゃくれ矯正治療専門ガイド

LinkIcon出っ歯&開口矯正治療専門ガイド