歯肉の炎症・歯周病でお困りの方はぜひ一度ご相談ください。



歯肉の炎症・歯周病治療専門ガイド

問い合わせ先

歯磨きの時、血が混じることはありませんか?
それは歯肉に炎症が起きる「歯肉炎」の症状です。
歯肉炎は、放っておくと全身の病気を引き起こす恐れがあることがわかってきています。手遅れになる前に、一度相談しましょう。

無料メール相談無料メール相談


▲下線部をクリックすると、その項目までジャンプします

歯肉炎・歯周病とは

歯肉炎とは

歯肉に炎症が起こる病気を歯肉炎(しにくえん)といいます。
また、その他の歯周組織にまで炎症が起こっている物を歯周炎(ししゅうえん)といい、これらが二大疾患となっています。
歯肉炎では、主に以下のような症状が表れます。

■歯肉から血が出る

通常は歯磨き程度で出血することはほとんどありません。
歯肉炎になると歯磨きしただけですぐに出血します。

■歯肉の縁が腫れる

健康な状態だと、歯と歯の間の歯茎は固く鋭いV字の形をしています。
歯肉炎になると、この部分の歯茎が丸みを持って膨らみ、指で押すと熟したトマトのようにブヨブヨした状態になります。

■歯の表面のプラーク(歯垢)

歯肉炎になると、歯と歯茎の境目に白い歯垢がたくさん付着します。

歯周病とは

歯周病(ししゅうびょう)とは、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨から成る組織)に発生する疾患の総称です。

歯周病の主な症状は、歯周病の進行と治療法ページをご覧ください。

歯肉炎と歯周病の違い

歯肉炎は、歯肉(歯茎)のみに炎症を起こした状態です。
歯茎の表面付近のみに炎症が留まった状態なので、内部の骨が溶けたり、歯茎が下がったりはしません。

しかし、この歯肉炎を放置していると、歯周病に進行します。
歯周病まで進行すると、歯を支えている骨が溶けたり、歯茎が下がって歯の根が露出したりと、歯茎の表面から顎の骨などの内部に向かってダメージが広がっていきます。

歯肉炎の段階なら、治療で比較的簡単に元の状態に戻すことができます。
しかし、歯周病は骨などが溶けて失われてしまうため、治療を行なっても完全に元の状態に戻ることはありません。

▲ このページの先頭へ

次は、歯肉炎・歯周病の原因について見てみましょう。

歯肉炎・歯周病の原因ページへ


LinkIcon大塚駅前歯科ホームページ

LinkIcon東京抜かない矯正歯科研究所

LinkIcon受け口&しゃくれ矯正治療専門ガイド

LinkIcon出っ歯&開口矯正治療専門ガイド